2019年

4月

29日

白龍大神春季大祭

28日 坂本教会の春季大祭を仕えさせて頂きました

 

去年に御信徒から、鳥居の傘が割れたままになっているのを修繕させて頂きたいとの申し出がありましたので、見積もりを取り、御篤志を集めて今年の4月4日に新しい部材を据えて頂きました

 

そして、境内に坂本教会の御守護神たる白龍大神の御塚を建立して、今年は奇しくも40年の節目の年に当たります

 

節目のお祭りを境内の御塚前に老いて賑やかに執り行いました

 

新たな鳥居と節目のお祭りの御徳で、神様はより稜威を増して、令和よりの新しい時代と共に徳を積んだ信徒皆様を御守護下さることと喜んでおります          拝

2019年

4月

23日

LINEアカウントを開設しました

LINE@和邇御嶽山のアカウントを開設しました

HPだけでなくLINEでも教会の行事や奉仕の日時、登拝の様子などをお知らせして参ります。

 

スマートフォンのLINEアプリ内の「友だちぺージ」の右上にある「友だち追加」をタップして、QRコードをタップしてホームページ右上にあるQRコードを読み取ってくださいね。

 

タップして友だち追加はこちら↓

http://nav.cx/1PdmGwX

 

 

友だち追加をお待ちしております!!

2019年

4月

21日

春季大祭

21日 年毎の春季大祭を仕えさせて頂きました

 

19日、20日と連日のご奉仕を頂き、準備も天気も無事に御守護頂いた中に管長殿をお迎えして賑々しく祭典を仕えさせて頂きました

 

5月1日より、いよいよ令和の御世となる節目の時期の大祭でしたが、神様のお心に添い天下泰平と新しい御世の安寧を御祈願申し上げて、その土台の上にある皆様の暮らしや祈願の御守護をお願い申し上げました

 

新しい時代の節目に教会も御信徒も山場・節目を迎えますが、神様や霊神様の導きで必ず良い方へ歩ませて頂けることを確信しております              拝

2019年

4月

08日

摩利支天祭

4月8日 年毎の摩利支天祭を仕えさせて頂きました

 

天候晴れやかにお守り頂き、境内の桜も満開の下 恙なく祭典を仕える事が出来ました

 

災難を守って下さる尊でありますから、特に今年は御代替わりの節目の年 新しい令和の御代の安寧と国土の安穏を祈り、それぞれの暮らしや人生の節目に当って、いらぬ災難がなきよう一年間の御守護をお願い申し上げました   拝

 

2019年

4月

04日

鳥居修繕

4日 中村石材店さんの方々に、白龍大神様の御塚の石鳥居を修復して頂きました

かつては、報恩殿の場所にあった権照大神の御塚を今のところに移して白龍大神はじめ他の神様を合わせてお祀りして、奇しくも今年は40年の節目の年でした
御塚建立前は神具庫もなかったのでその場所で火渡りをしたと聞きました
なお、御塚土台は恵那産、上部の石材は岡山産だそうです
以後、日月が過ぎ、大祭ご奉仕の折に、鳥居の上の部分が落下して割れたのを不憫に思っておりましたが、御信徒の御奉賛を頂き今回の修復が相成りました
御代代わりの年により稜威を増して徳の返しの御守護を楽しみにして頂きたいと存じます    拝

2019年

3月

24日

香霊殿工事奉仕

22日から24日とかけて御嶽山にある当教会の霊場・香霊殿の側溝設置工事奉仕を仕えさせて頂きました

 

発端は、去年の御神火祭に来ていただいた信者さんが、香霊殿敷地の土砂が流れているのを見て側溝を設けた方が良いとの提案を受けたことです

 

そこで専門であるN氏に寒登拝の折に測量や資材の見積もりをして頂き、節分祭などの折に打ち合わせを重ねて工事を仕えることとなりました

 

22日からは先発として7名の方が作業をして頂きました

到着後、まずは彼岸中の工事ですので祓いと安全祈願のため柴燈護摩を仕えました

 

そこから作業にかかって頂きましたが、U字溝を据える溝を掘るのが大変重労働でした 大きな石が出てくる、粘土の土壌でしたのでほぼ手作業で溝を掘って頂きました

最初に配水路の枡を設置して頂きました

先発隊の頑張りで、作業はかなり進捗致しました

 

23日 残りの16名が木曽へ向かい、昼前に香霊殿に到着

 

さっそく作業にかかり、女性陣は殿内の清掃をして頂き、周りの清掃・草取りに汗を流して頂きました

 

男性陣は、U字溝を2チームに分かれて設置していきます

N氏の指導で不慣れな我々もなんとか作業が出来ました

U字溝を据えて左官業の信徒さんが隙間やのり面を塗って頂き、かなり早く作業が進んでいきました

 

23日は16時半に作業を終えて皆で夕食を頂きましたが、疲労とお酒で早々に就寝

 

24日 カーテンを開けるとうっすらと雪化粧の光景でしたので、無事に作業や帰路につけるかと案じましたが、8時頃には溶けて、10時半頃には全ての作業が完了しました

 

殿内に鎮まって頂いている霊神様たちの御霊を、元に戻って頂くよう御礼かたがた祈願・読経を仕えたところ、突然 霊神様の御降座があり、大いに各霊神様が喜んで頂き、中心となって仕えて頂いた御信徒の霊神様たちもお告げをして頂き、我々も霊神様たちも見事な工事の完成に感激を致しました

御嶽山一の霊場になったと自負しております!!

 

お告げにあったように、この徳は必ずご奉仕頂いた皆様の祈願に返って再びお礼参りが出来るようにしてくださいますので、先を楽しみにして参りたいと存じます

 

三日間 本当にありがとうございました!!    拝

2019年

3月

17日

伊勢太神楽

17日 毎年恒例の伊勢太神楽御一行が来て下さり、神前にて神楽を奉納してお祓いを下さいました

 

去年の台風や大雨で一行がまわる各地の家が被害に遭われたそうです

御世代わりの安泰を祈らねばならないと改めて感じさせて頂きました

 

先達家族も頭を噛んで頂きました          拝

2019年

3月

16日

脳天大神祭

15日 境内の外祀殿において脳天大神・三鬼大権現・末鷹大神の例祭を仕えさせて頂きました

 

11,12日の弥山登拝に重ねて、お祭りにおいても天下泰平と震災の復興を祈り、その後皆様の心願成就を祈願致しました

東日本大震災より8年が経ち、最初期は地震鎮静や生存者の救出、その後の物資や義援金による復興を祈って参りました

 

時が経ち、心の復興を祈りつつ今年は人が生来持つ幸せを希求するその歩む道を守って頂くことが、震災復興を祈る大義であると悟りなおして、また一年 徳を積み重ねて参りたいと存じます                   拝

2019年

3月

13日

宮島弥山登拝

3月11日は東日本大震災8年の節目です

今年も11,12日とかけて広島・宮島の弥山登拝を仕えさせて頂きました

 

宮島の弁財天様と三鬼大権現様に震災復興を祈るべく、16名で登拝をさせて頂きました

 

うち、6名はロープウェイにて頂上を目指して頂きましたが、それも楽な道のりではなく大きな行です

 

好天に恵まれ、春を感じられる日差しの中 皆で頂上の行場より震災復興を祈り、被災された方々の生活の再建や、亡くなった方のご冥福、行方不明者の発見、原発事故の終息を祈らせて頂きました

 

登拝の道中では、さっそく祈願の上に御利益を頂いた方もおられ、徳の返しが頂けること疑いございません。

 

翌12日は昨年にならって岡山県・吉備津神社に参拝し、ここでも天下泰平のために祈祷を受け、鳴動神事に参拝させて頂きました

 

釜を炊ぐ役の女性を阿曾女(あぞめ)といい、かつては温羅命(うらのみこと)がいた鬼ノ城からほど近いところ出身の女性が務めていましたが、今回の方は岡山の方でした

今年は鳴らない事が多いということで、皆案じながら参拝を致しましたが、高らかに大きな音がなり、祝詞が終わっても鳴りやまない様は、天下泰平の祈願を捧げた事を確かに受け取って頂いたと感激して下がらせて頂きました

 

皇室では譲位の神事が始まり、もうすぐ新年度、御代替わりとなりますが、徳を積む道に変わりはなく歩んで参りたいと存じます                    拝

2019年

2月

05日

節分星祭

2月3日は節分です

恒例の節分星祭を斎行させて頂きました

 

今年は元号が変わる御世代わりの年です

何度も神様からお告げあるように、大きな変化と災難の起こりうる年ですので、まずはこの一年の天下泰平と国土安穏をお祈りし、各自の祈願を申し上げました       拝

 

 

 

 

 

 

 

LINE@和邇御嶽山

 

ラインアカウントを開設しました!友だち追加お待ちしております

www.wani-ontake3.com Blog Feed

白龍大神春季大祭 (月, 29 4月 2019)
>> 続きを読む

LINEアカウントを開設しました (Tue, 23 Apr 2019)
>> 続きを読む

春季大祭 (Sun, 21 Apr 2019)
>> 続きを読む

摩利支天祭 (Mon, 08 Apr 2019)
>> 続きを読む

鳥居修繕 (Thu, 04 Apr 2019)
>> 続きを読む

香霊殿工事奉仕 (Sun, 24 Mar 2019)
>> 続きを読む

伊勢太神楽 (Sun, 17 Mar 2019)
>> 続きを読む

脳天大神祭 (Sat, 16 Mar 2019)
>> 続きを読む

宮島弥山登拝 (Wed, 13 Mar 2019)
>> 続きを読む

節分星祭 (Tue, 05 Feb 2019)
>> 続きを読む