2019年

1月

17日

御嶽山寒山登拝に関して

きたる23,24日の御嶽山寒山登拝は、18日より精進となります。魚は可です。

 

今年は先達、登拝者全員が水行を仕えますのでご準備ください。                      拝

2018年

12月

28日

餅つき

平成最後の餅つき奉仕をして頂きました

 

子供たちも元気にお餅をこねこねしてくれて、供えを受け取られる神様霊神様も喜ばれることでしょう

 

最後は、皆でぜんざいやきなこ餅にして頂戴いたしました

 

2018年

11月

25日

お宮参りと七五三

25日は役員のO氏長女さんと次女さんの七五三と初宮参りをご奉仕させて頂きました

 

8月2日に次女がお生まれになって元気に育って頂き、親族が大勢集まった中 にぎやかなお参りをして頂きました

 

今年の御嶽山夏山登拝の折、神様が「御山を荘厳して、次は信徒らそれぞれが自らの人生を荘厳致すことが、この夏山・御神火の満行である」とお告げを頂きましたことを思い返して、まさにO氏ご家族の姿は、今年1年 積んで頂いた徳でもって自らの人生を荘厳した姿であると感じ、キラキラと輝いておりました

 

今月は信徒の宅祭が多い月ですが、「今はけっこうでありがたいことです」と、大きな苦労や心配のお祭りではなく、感謝のお祭りばかりだったことは、まさに神様のお告げの通りだなあと先達冥利に尽きる日々でございます

 

来月、また新年もより御信徒の暮らしや人生が荘厳されることを楽しみにして年末年始を迎えたいと存じます  拝

2018年

11月

19日

お知らせ

明日20日の護摩終了後、当教会が御協力させて頂いた 「民衆の信仰」の映像を上映させて頂きます

 

護摩は11時から、12時前後から上映予定です

2018年

11月

12日

秋季大祭

11月11日 ポッキーの日ですが当教会は年ごとの秋季大祭ならびに火渡り神事を仕えさせて頂きました

 

4日、10日と準備ご奉仕を頂いて、天候も快晴の下 御嶽教13代管長殿や役員の御来賓の御参列を頂き、祭典と火渡り神事を無事盛大に執り行うことが出来ました

 

これもひとえに皆様が、徳を積もうとこの一年信心や登拝、参拝を仕えて下さった賜物と思って喜んでおります

 

今年の火渡りは、御代かわりで乗り越えねばならない節目・山場の象徴のように感じました

 

火渡りをする直前の皆さんの背中をたたきながら、火渡りを渡り切ってそれぞれの山場・節目を越えてくれ!と念じつつお祓いをしておりましたが、きっとそのように神様霊神様の守護がありますので、来年は礼参りの方が多く参拝して頂けるようお待ちしております            拝

 

写真が多いので時系列で前後しますがご容赦ください

2018年

10月

17日

石鎚山登拝

12日から14日とかけて四国・石鎚山登拝をさせていただきました

 

今年の1月 御嶽山寒山から始まって10座目 締めの登拝です

13名でマイクロバスにて教会を出発 予報通り快晴の下 しまなみ海道を経て今治の石中寺へ参拝

 

こちらは今年夏山・御神火祭に参加して頂いた4名の若い行者さんのお寺です 御礼かたがた先方も当教会も、2020年が本堂新築・御神火祭と節目の重なる年ですので、今後の御厚誼を申し上げました

 

今治から石鎚神社へ向かい、水行

今年は水も多く冷たい水行となりました

神殿前にて祈願と代参祈願を捧げてロープウェイへ

 

16時40分のロープウェイに乗車して成就へ向かいます

成就へ着いたのは17時10分頃でした

普段ならば、成就社を拝礼し宿へ入るのですが、夕拝をされていた神主さんが顔見知りの方だったこと、旅館の主がわざわざ「滋賀の御嶽山が16時40分で上がってきますよ」と神主さんに伝えて下さったことが重なり、夕刻の祓いをさせて頂きますとおっしゃってくださり、急遽参拝することになりました

 

とはいえ、石鎚山の祈祷は長いことを知っています

祓いと登拝安全、金幣のお祓いをしていただき30分あまりみっちりと拝んで下さいました

後で思えば、登拝に参加したOさんとJさんはそれぞれお母さまを亡くされ、いまだ1年と49日を迎えておりませんでした

そのために必要なお祓いだったのだと悟らせて頂きました

 

翌13日 快晴の下 6時20分に成就を出発

気温は5度前後と、歩くには良い気候です

 

試しの鎖には新客さんが臨んで頂き、3つの鎖もすべて無事に駈けることが出来、11時半頃には無事に頂上へ到着出来ました

 

13日は土曜日 紅葉が始まっていましたので、頂上もすごい人出で、御祈祷も受けずすぐさま下山します

 

夜明かし峠で叔父(12日に仕事を済ませていよ西条で宿泊して朝からバスで山にきて一人で登ってきて合流してくれました)と無事に合流し、13名で無事に下山

 

成就の見返り遥拝殿にて、神様より「この一年 各山を荘厳して参ったこと この山のごとし」とおっしゃって頂きました

晴天の下 紅葉が映えて山が彩られる様は、各御山がそのように荘厳された証であると一同嬉しく思います

 

下山後、鳥取へ帰る方、高松からバスで帰る方と別れて高松で宿泊 美味しい直会を頂きました

 

今年の最後の登拝が無事に麗しく仕え終えられて一安心しております

これからも徳を積み続けて、2020年の節目 近くは御代代わりの節目を皆無事に迎えていきたいと存じます  拝

2018年

10月

10日

愛宕山登拝

7日 連休にあたる日曜日に愛宕山登拝を仕えさせて頂きました

例年 1月末に登拝していたのですが去年から10月に登拝をさせて頂き、登りやすい気候もあって多くの御信徒と登拝をさせて頂いております

3連休とて、3歳参りの家族や登山客も多く山はにぎわっていました

 

しかしながらいつもの登拝と違ったのは、9月4日の台風21号の影響が残っていたことです

山中の大木がポキポキと簡単に折れて、道に覆いかぶさっていました

いつもなら見えない麓も、木々がなくなって見通しが良くなり、薄暗い山道は日差しが入って明るく、いつもの道と感じが違いました

 

すでにひと月以上経ってこの状態ですから、台風直後はさぞかし復旧が大変だったのだろうと推察します

ただ、頂上へ至る道端の地蔵尊や社殿は無傷で、不幸中の幸いと感じました

 

今年も眷属さんの依り代を持参して、御利益を受けた方や、新たに眷属さんを授かる方 大勢で徳を積む登拝が叶いました

荒れた山の姿を見て、より一層天下泰平や国土の安穏を祈らねばならないと思いなおして、徳を積んで参りたいと存じます

2018年

10月

03日

一心霊神大祭

10月2日 深谷市の並木一心霊場で一心霊神の大祭が行われました

教会長と四代二名で参拝・御奉仕をさせて頂きました

 

現地でも前日は台風のため風が強く、準備も危ぶまれたそうですが講社の皆様の努力で変わりなく晴天のもとにお祭が執り行われました

 

大祭には、日野製薬さんがいつも売店を出されて来場されますが、お話をする中で、さる9月27日の黒沢口登山道開通の後の様子を伺ったところ、土日にはロープウェイも行列、登山道も行列が出来ていたとの事を聞き、大変うれしく思いました

 

また、私達の師匠の霊神様も御降座頂いて、兄弟子の方々と御告げを聞き、熊谷教会の年に一度の月次祭が仕えられたようで喜んでおります

 

2020年は、一心霊神の200年にも当ります

再びの頂上登拝や御嶽山復興を祈り続けて、2020年を迎えたいと存じます                 拝

2018年

9月

19日

八海山登拝

15,16,17日とかけて越後八海山登拝を仕えさせて頂きました

今年は26名 内3名は御家族で参加・16日朝に帰るという行程でした

 

天気予報は雨でしたが、昨年の台風直前や今年の立山での強風を思えば、けっこうな天気です

 

15日 6時半に大津駅を出て15時前に八海山尊神社へ

里宮で水行・護摩行を仕えさせていただきました

 

先月から天災・災害が多く、まず天下泰平と災害復興・終息を祈る事が、時代も変わり教会も変わる中で利益を受ける姿である、徳を積み続ける事の意味を改めて悟らせていただきました

 

上村屋旅館では、今年の美味しい新米と精進の自家製野菜をたくさん頂きました

 

16日 頂上へは17名 四合の遥拝所で6名が読経を仕えることになり登拝を開始いたしました

 

連休中ですが、天気は雨ですので人は少なめでした

しかし、雨で道がぬかるんで、靴や雨具はどろどろになり、手袋も泥だらけとなりながら子供たちも頑張って登ってくれます

女人堂でT氏の地下足袋の裏がめくれて、ガムテープで補修し、遅れながらも頂上まで登拝してくれました

 

前日に帰宅したI氏は、頂上へ登れず残念でしたでしょうが、一人の男性信徒がリュックを忘れたので急遽I氏のものを借りる事となり、代参で頂上へ登れたこととなりました

 

下りでも女性の方の地下足袋の底が取れましたが難無きを得て無事に下山できました

 

いろいろな事があった登拝でしたが、背景には8月30日に親しいA子様という御信徒が急に亡くなられたことがあったのです

そのお姉さんは、供養も兼ねて登拝に参加して頂きました

もちろんA子様も一緒に登拝をして下さいました

 

そう言えるのは、霊神様の御告げもさりながら、葬儀のときに御遺族は地下足袋を棺に納めようとされたのですが、叶わなかったのです ですから、二人の方から地下足袋を借りて一緒に登って下さったのだと一同悟らせて頂きました

 

八海山登拝を重ねて十年以上が経ちますが、こんなにたくさんの方と多くのお願いや節目・祈願を持って登拝をすることになるとは最初は思いもしませんでしたが、今では欠かせない大事な節目の登拝となっております

 

それだけ八海山の稜威が高まっていると喜びつつ、来年も利益を授かって御山を荘厳しに参りましょう      拝

2018年

9月

05日

諏訪大神大祭

3日 諏訪大神ならびに白狐稲荷大明神の例大祭を仕えさせて頂きました

 

1日の下山奉告祭、2日の奉仕に続いて参拝を頂いた中に、今年も徳を積むお祭が出来ました

 

翌4日の台風21号の被害を思えば、3日まで無事に天候を守って頂いたと存じます

 

台風の被害に遭われた方々はじめ天下国家や震災復興を引き続き祈り続けて参りたいと存じます        拝

www.wani-ontake3.com Blog Feed

御嶽山寒山登拝に関して (木, 17 1月 2019)
>> 続きを読む

餅つき (Fri, 28 Dec 2018)
>> 続きを読む

お宮参りと七五三 (Sun, 25 Nov 2018)
>> 続きを読む

お知らせ (Mon, 19 Nov 2018)
>> 続きを読む

秋季大祭 (Mon, 12 Nov 2018)
>> 続きを読む

石鎚山登拝 (Wed, 17 Oct 2018)
>> 続きを読む

愛宕山登拝 (Wed, 10 Oct 2018)
>> 続きを読む

一心霊神大祭 (Wed, 03 Oct 2018)
>> 続きを読む

八海山登拝 (Wed, 19 Sep 2018)
>> 続きを読む

諏訪大神大祭 (Wed, 05 Sep 2018)
>> 続きを読む