御祭神と御神徳

〈発心即転法輪とは?〉

「大神の曰く、この山(御嶽山)は発心即転法輪、発心致さば即時にその身に利益授かる当代随一の山なり。

発心とは即ち、感謝・懺悔・供養・行である」

御嶽山の御徳はこの御告げに表されております。簡単に言えば「誰にでも守護を受ける機会は平等にある。発心すれば自らのみならず周りも守護を受けていく」という事になります。

発心とは四つの行いであり、これは老若男女、時や場所を選ばず出来る事であります。即ち「良いこと」をするということです。

「良い事をすれば自分にも良い事がある」―これが自分や周りに広がっていくという意味であります。

 

〈御嶽山の御徳とは?〉

御 嶽山の登拝をして神様から頂く御徳とは「擬死再生」(ぎしさいせい)というものです。即ち不安や心配を抱えている今の自分は一旦、山に登る事によって死ん で、神様から「新しい命を頂く」のです。新しい自分とは、こうありたい、こうあって欲しいという姿に神様が導いて下さるという事であります。

御祭神

当 和邇御嶽山は、長野県と岐阜県の県境に位置する木曽御嶽山を本山とし、御山に鎮まる御嶽山座王大権現と御山一山の諸神や開山行者である覚明、普寛の両行者 先覚の行者霊神様をお称えして御参拝の皆様の祈願を御取次しております。

御嶽山座王大権現 八海山提頭羅神王 三笠山刀利天宮

国常立尊(くにとこたちのみこと) 国狭槌命(くにさづちのみこと) 豊斟渟命(とよくむぬのみこと)

木曽御嶽山に鎮座坐します御三神であります。特に御嶽山座王大権現を「大御前」と御称え申し上げます。諸々の心願をお聞き届け下さいます。八海山は水の徳、三笠山は火の徳を表しておられます。

伊勢天照皇大神宮 八幡大菩薩 春日大明神

日本の産土神である伊勢様と武官としての八幡様、文官としての春日様をお祀りしております。

白龍大神 黒龍大神

木曽御嶽山には五つの池があり、一の池から五の池までそれぞれ龍神様が鎮まっておられます。白龍大神は三の池、黒龍大神は二の池に鎮座されており、池の水は御神水として病気平癒の祈願の折に飲用したり御札の墨書に混ぜて用いられております。

 

十二大権現

木曽御嶽山王滝口に鎮まる神で木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)とも鬼子母神とも申して子授け・安産の御神徳がございます。

 

末吉大神 帯刀丸殿大神

末吉大神は教祖霊神に初めて神懸りされた大神。帯刀丸殿大神は四谷まつ師の守護神であります。特に帯刀丸殿大神は教祖の病を守護された童子形の神様であります。

 

摩利支天尊

木曽御嶽山の摩利支天岳に鎮まる神で、昔より武将の戦守護の神として災難除けの御神徳がございます。

和邇御嶽山では境内裏の神苑に平成十三年(和邇御嶽山九十周年の折)現教会長の霊夢によりて御鎮座して頂いております。

諏訪大神

信州(長野県)の一之宮と称える諏訪大社の上社に鎮まる大神で建御名方命(たけみなかたのみこと)であります。七年に一度 御柱(おんばしら)と呼ばれる樅の大木を山から切り出し、社の四隅に建てる奇祭が執り行われている事で有名です。

国譲り神話では、天よりの使者であった建御雷神(たけみかづちのかみ)と相撲を取り、敗れた為に爾来 諏訪の地に鎮まられました。武田信玄始め武将の尊崇篤く、日本第一大軍神と呼び習わして御称えしております。特に大願や困難な願いを御聞き届け下さる神様として信仰しております。

 

 

熊丸大神

京都花山神社に鎮まる神で、教祖の妻である故・岡本幸子師の生家の守護神でもありました。当和邇御嶽山とも所縁ある神様であります。猿田彦命とも言われ、導きの神として人生の行く先を御守護下さいます。

大黒天 恵美須天

古事記では大黒天の御子として恵美須天が出て参ります。また諏訪大神は恵美須天の弟に当たります。

福徳円満、子宝授与、商売繁盛、縁談成就の御神徳は世に広く知られているところであります。

権照大神 橋本大神 白姫大神 天龍大神 高福大神 末廣大神 豆一大神 清滝大神 末鷹大神

和邇御嶽山と所縁ある伏見稲荷山に鎮まる神々であり、信徒の家の御守護神として数多祀られている神様であります。

白狐稲荷大明神

伏見稲荷では命婦専女神<みょうぶとうめのかみ)としてお祀りされておりますが、和邇御嶽山では特に信州稲荷総社として、教母の古稀(七十歳)の病を御守護賜ったのを期に諏訪より勧請しております。特に病気平癒の御神徳がございます。

大峰山金剛蔵王大権現 石鎚山金剛蔵王(ぞうおう)大権現

大峰山は役行者が最初に開かれた山、石鎚山は最晩年に開かれた山です。それぞれの蔵王権現をお祀りし、御嶽山座王大権現と合わせて過去・現在・未来を御守護頂く御神徳がございます。

救世菩薩 神変大菩薩 弘法大師 照見大菩薩

救世菩薩は聖徳太子の事です。仏教と神道の祖としてお祀りしております。

神変大菩薩は役行者です。照見大菩薩は聖徳太子の従弟に当り、出羽三山(羽黒山、月山、湯殿山)の開祖であります。

諸神と人間との間に立って祈願をお取次ぎ頂いたり、近しく御守護頂く菩薩様であります。

御嶽山開山・覚明霊神

御嶽山開闢・普寛霊神

講祖・一心霊神

御嶽山有縁諸霊神

覚明(かくめい)霊神は御嶽山黒沢口を開山された尾張の行者であり、普寛(ふかん)霊神は御嶽山王滝口を開かれました。一心霊神は御嶽山信仰を関東一円に広め富士も信仰されていましたが、キリシタンの疑いをかけられ投獄・遠島を申しつけられ自害されました。

それぞれ御嶽山信仰の礎を築かれた行者であり、各御嶽講社は御嶽山の神と共にこれら先覚霊神を必ずや尊崇し登拝、祈願を致さねばならないと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

LINE@和邇御嶽山

 

ラインアカウントを開設しました!友だち追加お待ちしております

2022年

10月

02日

御柱里引き

続きを読む

2022年

9月

27日

八海山登拝

続きを読む

2022年

9月

19日

石鎚山登拝

続きを読む

2022年

9月

11日

普寛霊神祭

続きを読む

2022年

9月

04日

御柱休め奉仕

続きを読む

2022年

8月

29日

大峰山登拝

続きを読む

2022年

8月

05日

立山白山登拝

続きを読む

2022年

7月

30日

富士山登拝

7月28日から30日まで、三山禅定の一座目である富士山登拝を仕えました

ひと夏に富士・立山・白山を巡拝する行を三山禅定といって古来よりの大行とされています

 

4名で御嶽山夏山登拝に続いて出発

 

富士宮市の富士山本宮浅間大社で東京の方4名と合流して8名で登拝を仕えます

 

白糸滝から山宮浅間神社とお参りして、山宮浅間では笛の音が聞こえるので、BGMでも流しているのかなと思ったら御神前で笛を奏でている女性がおられました

神様に出迎えてもらったようでありがたい事でした

 

人穴から富士吉田市の北口本宮へお参り

 

御師・筒屋さんへ宿泊 3年ぶりの講社の登拝を温かく出迎えて下さいました

 

28日夜は雷鳴も雨もありましたが、29日は快晴で御山を仰ぎ見る中を出発

 

シャトルバスで五合目へ行き、小御嶽神社をお参りして登拝を開始 平日ですので少し人出は少な目でした

 

朝は快晴すぎて、このまま登ると暑くて大変だなと思っていましたが、徐々に雲が出て日差しが苦にならずに順調に登拝をしていきます

 

29日は富士山登山競争が朝7時からあって、早い人は3時間弱で富士吉田市役所から頂上まで登ってしまうそうです

 

時間帯がずれていたのでかち合う事はなく、14時過ぎに元祖室へ 天拝宮でご祈祷を受け、烏帽子岩神社で祈祷を仕えて御山荘厳の徳をお捧げ申し上げました

 

コロナ対策で広々とした元祖室は快適に過ごせました

子供の団体などで満室でしたが日の出前にほとんどの方が出発したあとに6時に出発

 

2時間ほどで吉田口頂上の久須志神社へ到着

吉田拝所でご祈祷をして御礼申し上げました

 

富士山は下山も大行でしたが怪我無く無事に帰着して3年ぶりの富士山登拝が叶いました 下山の日は土曜日で団体の登山客もたくさんいてコロナ以前の賑わいを取り戻しつつありましたのは嬉しいことです

 

8月4日からは立山と白山の禅定です

続きを読む

2022年

7月

26日

御嶽山夏山百十周年記念登拝

続きを読む

2022年

7月

14日

前行登拝

続きを読む