普寛様と和邇御嶽山

「霊神は一心の行者、一心は普寛の行者。霊神は普寛の行者である。この滋賀大教会は普寛の徳を称える教会である。」 末吉大神

〈霊神信仰とは〉

御嶽山には、人が亡くなった後、その御霊を「霊神(れいじん)」として祀る信仰があります。

普寛行者の弟子であった一心行者はその行力で以って関東一円の人々を祈祷して回り御嶽信仰を広めた大功労者です。その一心行者は「御嶽山を信ずるものは死後引き寄せを受けて童子即ち神の眷属になる」と説いたのが霊神信仰の始まりです。

当和邇御嶽山や全国の御嶽講では、「御座」によって霊神が神がかりし、子孫にお告げや言葉をかけて下さるという信仰の姿が受け継がれております。和邇御嶽山の霊場「香霊殿」は木曽の王滝口にあり、教祖始め歴代教会長、御信徒の方を「霊神」としてお祀り申し上げております。(お墓とは異なります)

和邇御嶽山では教祖霊神の代より御嶽山の大神の御神徳を慕い欠かす事無く毎年の登拝を仕えております。

普寛(ふかん)さまについて

信州木曽御嶽山開闢の聖者と讃え奉る、普寛行者(一七三一~一八〇一)は正本山本明院と号し、諡は信英、武州秩父郡大滝村の人である(現在の埼玉県秩父市)。

俗名は好八、長じて左近と称した。同地の木村信次郎の子として生を承けられたのだが、浅見家の養子となり、一時は酒井雅楽頭(忠恭か?)の下に二十五人扶持を得ていた。

しかし、郷里に近い三峰山観音院の住職であった日照の進めに感じるところあり、明和元年に致仕の上出家し、三峰山観音院において天台、真言の二宗を学び、修験の道に入ったと伝えられている。

 

その後、江戸法性院において三峰山配下の修験として活動し、その中で修験道の巫儀である憑祈祷から、新たに、現在「御座」といわれる巫儀を編み出したと伝えられている。

 

その御座の告げのまにまに、寛政三年四月には郷里、秩父大滝村に意波羅山三社大権現を勧請し、翌四年六月十日には信州木曽御嶽山を開闢している。

これに先立つ天明五年(一七八五)六月には尾張の覚明行者(一七一八~一七八六)によって、七十五日の重潔斎なくしては登拝が叶わなかった御嶽山に登拝を強行し、中興を成し遂げたことに依り、寛政三年(一七九一)は軽精進による登拝が許可されたところであった。普寛行者は、木曽から出稼ぎに来ていた杣の吉右衛門(後の王滝院啓岳、吉神行者)や、与左衛門から情報を収集し、覚明行者が中興した古くからの登山道であった黒沢にではなく、脇参道的な位置付けであった王滝口を、御座による神慮を以て開闢している。その道々に神仏を勧請し、登拝に新たな宗教的意義を与えつつ、寛政四年六月十日、弟子である和田孫八(後の明岳院広山)を中座(霊媒)として、御嶽山座王大権現を顕現させたのである。ゆえに覚明行者を開山の聖者と称えるのに対し、普寛行者を開闢の聖者と称えるのである。

普寛行者はこの御嶽山開闢にあたっては、米、麦、栗、大豆の五穀を断つ木食行を行っている。木食普寛行者と称する由縁である。

その後、普寛行者は寛政六年(一七九四)には越後八海山を、弟子である円城院泰賢(一七六七~一八〇四)や、その他の弟子や信者を率いて開山し、提頭羅神王を祀っている。

翌寛政七年(一七九五)には上州武尊山を開山し、武尊山大権現を祀っている。

享和元年九月(一八〇一)に風邪をもとにして武州本庄宿(現埼玉県本庄市)の米屋弥兵衛宅にて入寂。遺体は火葬の上、安養院の墓所に埋葬された他、御嶽山花戸、郷里である秩父、江戸、武尊山に分骨されたと伝えられている。

弟子や信徒によって埋葬された後、七回忌にあたる文化四年(一八〇五)には金剛院順明によって石塔(宝筐印塔)が建立されている。

現在の埼玉県本庄市中央に、御嶽教直轄の霊場として墓域が整備・保存され春秋二季には大祭が行われ、日本全国から先達・信徒が雲集している。

御嶽山信仰においては、今なお普寛行者の御霊は御座法を通じ我々御嶽山を信じる全ての人を見守り、導きを与える存在として生き続けている。

「霊神は一心の行者、一心は普寛の行者。霊神は普寛の行者である。この滋賀大教会は普寛の徳を称える教会である。」と昭和五十年十一月十六日の伏見稲荷山参拝の折、二代・一心行徳嶽霊神に降臨した末吉大神がお告げされて以来、当教会は普寛行者を殊に崇敬し、その御心を世に広めるべく努力邁進している。

 

 

 

 

 

 

 

LINE@和邇御嶽山

 

ラインアカウントを開設しました!友だち追加お待ちしております

2022年

10月

02日

御柱里引き

続きを読む

2022年

9月

27日

八海山登拝

続きを読む

2022年

9月

19日

石鎚山登拝

続きを読む

2022年

9月

11日

普寛霊神祭

続きを読む

2022年

9月

04日

御柱休め奉仕

続きを読む

2022年

8月

29日

大峰山登拝

続きを読む

2022年

8月

05日

立山白山登拝

続きを読む

2022年

7月

30日

富士山登拝

7月28日から30日まで、三山禅定の一座目である富士山登拝を仕えました

ひと夏に富士・立山・白山を巡拝する行を三山禅定といって古来よりの大行とされています

 

4名で御嶽山夏山登拝に続いて出発

 

富士宮市の富士山本宮浅間大社で東京の方4名と合流して8名で登拝を仕えます

 

白糸滝から山宮浅間神社とお参りして、山宮浅間では笛の音が聞こえるので、BGMでも流しているのかなと思ったら御神前で笛を奏でている女性がおられました

神様に出迎えてもらったようでありがたい事でした

 

人穴から富士吉田市の北口本宮へお参り

 

御師・筒屋さんへ宿泊 3年ぶりの講社の登拝を温かく出迎えて下さいました

 

28日夜は雷鳴も雨もありましたが、29日は快晴で御山を仰ぎ見る中を出発

 

シャトルバスで五合目へ行き、小御嶽神社をお参りして登拝を開始 平日ですので少し人出は少な目でした

 

朝は快晴すぎて、このまま登ると暑くて大変だなと思っていましたが、徐々に雲が出て日差しが苦にならずに順調に登拝をしていきます

 

29日は富士山登山競争が朝7時からあって、早い人は3時間弱で富士吉田市役所から頂上まで登ってしまうそうです

 

時間帯がずれていたのでかち合う事はなく、14時過ぎに元祖室へ 天拝宮でご祈祷を受け、烏帽子岩神社で祈祷を仕えて御山荘厳の徳をお捧げ申し上げました

 

コロナ対策で広々とした元祖室は快適に過ごせました

子供の団体などで満室でしたが日の出前にほとんどの方が出発したあとに6時に出発

 

2時間ほどで吉田口頂上の久須志神社へ到着

吉田拝所でご祈祷をして御礼申し上げました

 

富士山は下山も大行でしたが怪我無く無事に帰着して3年ぶりの富士山登拝が叶いました 下山の日は土曜日で団体の登山客もたくさんいてコロナ以前の賑わいを取り戻しつつありましたのは嬉しいことです

 

8月4日からは立山と白山の禅定です

続きを読む

2022年

7月

26日

御嶽山夏山百十周年記念登拝

続きを読む

2022年

7月

14日

前行登拝

続きを読む