御祈祷の御案内

和邇御嶽山では以下の祈祷法や、参拝の方の御祈願に添って祈祷奉修致しております。
以下の四つの祈祷法は特殊神事であり、それのみを勧める事はございませんのでお気軽にご参拝下さい。

 

御座法
 
 
普寛行者が感得し、一心行者に伝えられた後、御嶽山代々の先達に受け継がれた神人交流の秘法である。
「五行座」の法を以って神と人との仲取り持ちを行う。前座先達の修法により中座先達の身体に神々や霊神が降臨し、中座の身体を通じて神々や霊神の意思を伝え、御加持を頂ける御嶽山信仰の要というべき神事である。
御祈祷料 一座 金 参萬円(初めての方)

 

因縁除秘法
 
 
普寛霊神の御霊示によって厳修されている行法の一つであり、水火二元の理法によって先祖代々の悪因縁を鈎召し、先祖のみならず、先祖が関係したすべての御霊の浄化向上を祈願するものである。
行う者も先達も一体となって行じられ、その内容日数に於いては御座による御神勅によって決定されるべきものである。
御祈祷料 金 参萬円 (初日のみ先達が貴宅へ伺い御祈祷奉仕致します)
招き猫加持祈祷
 
 
金 参万円(初めての方)
商売繁盛を祈られる方に、当和邇御嶽山では神様からお告げ頂いた御祈祷法を仕えて、招き猫の像に御加持(魂を入れること)を致します。
既に何人もがこの御祈祷法によって商売・営業の上に御守護を頂かれている法です。
(祈祷時間は約1時間ほどかかります)

※事前に電話にて来山日時を御予約下さい。
※招き猫の像は御自身にてお買い求めのうえお越し下さい。

(ご利益の例)
営業でなかなか出会えない人に会えた、お客さんからの電話が増えた、契約が増えた、など各地で猫さんががんばってくれています。

 

護摩法
 
 
修験道の祖・神変大菩薩が感得された修験道の伝統にのっとり普寛行者、一心行者が行法として整備された。以来、師から弟子へと受け継がれた御嶽山の秘法の一つ。神仏不二の心を以って信徒各位の諸願成就の為、先達によって厳修されている。

 

蟇目鳴弦神事(ひきめめいげんしんじ)
 
 
当教会の守護神の中でも特に教祖・一心誠宏覚霊神を御守護給わった諏訪大明神より直授された神道の秘法である。特に悪魔病魔を降伏し、怨敵を退け、人間関係のもつれを解き祓う秘法として、諏訪大明神大祭(毎年九月三日)以外は、教会長一人のみ神殿に伺候し、浄闇の中、灯火を滅し厳修されるものである。
七日間祈祷奉修 金 参萬円

 

授与品

なぜ御守や御札を受けるのでしょう?
御守や御札は「縁起の物」、つまり因縁を生起させるものです。御守に調えるまでに様々な人の手を経て今の形になりました。よってさまざまな縁が集まったものと言えます。
ならばそれは次の新しい縁を生み出す可能性があります。そこに神様の御守護を入れて頂く事で、御守・御札を受ける本人に相応しい、より良い縁を生んで頂ける―それが御守や御札を受ける意味といえるでしょう。

子宝守護守

子宝を授かるよう祈願を込めてございます。
一体 八〇〇円

発育良好智慧聡明守

子供が生まれて、お子様が心正しく身体が元気に育って頂けるよう御守護して下さいます。
一体 八〇〇円

安産守護守
 
 
妊娠中の方が無事につつがなく安産出来るよう御守護して下さいます。
一体 八〇〇円

 

えんむすび守
 
 
男女の良縁や仕事、人との縁が授かるよう御守護頂きます。
一体 八〇〇円

 

厄難除け守り
 
 
厄年の災難が降りかからないよう御守護下さいます。
一体 八〇〇円
御嶽山尊影神符
 
 
御嶽山を開闢された普寛霊神の教えにより尊影を御札に調えました。お生まれの年の五行に依り、相応しい神符をお渡し申し上げます。
一体 五〇〇円
普寛(ふかん)行者御影札
 
 
御嶽山王滝口を開かれた普寛行者さまが様々な願いを御守護下さいます。
一体 千円
白狐稲荷大明神神符
 
 
病気平癒の祈願札です。裏に病人の氏名か、一家の大黒柱の方の氏名を墨書して神棚か玄関にお祀りください。平癒されましたら教会までお納め下さるようお勧めしております。
一体 五〇〇円
 
大黒天・恵美須天守護 旗守 お種銭
 
 
七月一日に境内の大黒天・恵美須天の御前にて祭典を仕える折に祈祷申し上げております御守です。商売繁盛の御守護を頂くため、事務所や会社に旗守を祀って頂き、お種銭は帳簿にお貼り下さい。
共に一体 五〇〇円
御嶽大神祈祷神璽御
 
 
和邇御嶽山では正月の御参拝の方に授与させて頂いております。どの御札が良いか分からない方はこちらをお勧め申し上げます。
一体 千円
交通安全守・ステッカー
 
 
車の運転安全と追突除けの為の御守です。これのみの授与はしておりません。必ず御祈祷を申し上げてからの授与となります。
祈願料込 六千円
受験呪文守
 
 
受験や進学の御守護を頂く御守です。一緒にお渡しする呪文を暗記して唱える事で心落ち着いて試験に臨めるよう御守護して下さいます。
祈願料込 二千円
肌守
 
 
身体健勝の御守です。男性は青、女性は赤色です。
祈願料込 二千円

肌守(小)

 
 
身体健勝の御守です。男女共通です。
一体 五〇〇円

和邇御嶽山勤行集

 
神様を拝む為の祝詞集です。ふりがな付で読みやすくなっております。
一冊 二千円

和邇御嶽山の手引き(案内パンフレット)

 
一冊 百円

 

 

 

 

 

 

 

LINE@和邇御嶽山

 

ラインアカウントを開設しました!友だち追加お待ちしております

2022年

10月

02日

御柱里引き

続きを読む

2022年

9月

27日

八海山登拝

続きを読む

2022年

9月

19日

石鎚山登拝

続きを読む

2022年

9月

11日

普寛霊神祭

続きを読む

2022年

9月

04日

御柱休め奉仕

続きを読む

2022年

8月

29日

大峰山登拝

続きを読む

2022年

8月

05日

立山白山登拝

続きを読む

2022年

7月

30日

富士山登拝

7月28日から30日まで、三山禅定の一座目である富士山登拝を仕えました

ひと夏に富士・立山・白山を巡拝する行を三山禅定といって古来よりの大行とされています

 

4名で御嶽山夏山登拝に続いて出発

 

富士宮市の富士山本宮浅間大社で東京の方4名と合流して8名で登拝を仕えます

 

白糸滝から山宮浅間神社とお参りして、山宮浅間では笛の音が聞こえるので、BGMでも流しているのかなと思ったら御神前で笛を奏でている女性がおられました

神様に出迎えてもらったようでありがたい事でした

 

人穴から富士吉田市の北口本宮へお参り

 

御師・筒屋さんへ宿泊 3年ぶりの講社の登拝を温かく出迎えて下さいました

 

28日夜は雷鳴も雨もありましたが、29日は快晴で御山を仰ぎ見る中を出発

 

シャトルバスで五合目へ行き、小御嶽神社をお参りして登拝を開始 平日ですので少し人出は少な目でした

 

朝は快晴すぎて、このまま登ると暑くて大変だなと思っていましたが、徐々に雲が出て日差しが苦にならずに順調に登拝をしていきます

 

29日は富士山登山競争が朝7時からあって、早い人は3時間弱で富士吉田市役所から頂上まで登ってしまうそうです

 

時間帯がずれていたのでかち合う事はなく、14時過ぎに元祖室へ 天拝宮でご祈祷を受け、烏帽子岩神社で祈祷を仕えて御山荘厳の徳をお捧げ申し上げました

 

コロナ対策で広々とした元祖室は快適に過ごせました

子供の団体などで満室でしたが日の出前にほとんどの方が出発したあとに6時に出発

 

2時間ほどで吉田口頂上の久須志神社へ到着

吉田拝所でご祈祷をして御礼申し上げました

 

富士山は下山も大行でしたが怪我無く無事に帰着して3年ぶりの富士山登拝が叶いました 下山の日は土曜日で団体の登山客もたくさんいてコロナ以前の賑わいを取り戻しつつありましたのは嬉しいことです

 

8月4日からは立山と白山の禅定です

続きを読む

2022年

7月

26日

御嶽山夏山百十周年記念登拝

続きを読む

2022年

7月

14日

前行登拝

続きを読む