御嶽山夏山登拝と田の原御神火祭奉仕

6日から8日 今年一番の大行たる御嶽山夏山登拝と田の原御神火祭ご奉仕を仕えさせて頂きました

 

めったにない御神火祭奉仕ということで、多くの方々のご協力やご縁を頂いて総勢70名 遠くはオーストラリアのタスマニア、鳥取、愛媛から参加・ご奉仕を頂きました

 

6日 6時に教会をバス一台とマイクロバス一台で出発

 

王滝口里宮から各行場を拝礼して、清滝では30名以上の方々、下は7歳、上は75歳が御山と御神火成功のため水行を仕えて下さいました

 

7日 早朝から香霊殿において慰霊祭を斎行

今年は三名の霊神様を新たにお祀り申し上げました

その中で、当教会はじまって以来である外国人の方を霊神としてお祀りしました

国籍や性別や年齢は関係なく徳を積む事が、神様・霊神様の理想でありますがそれが実現した貴重な時間となりました

 

7日はいよいよ田の原御神火祭の準備を仕えますとともに、21名の方が九合目まで登拝を仕えて徳を神様に届けに参ります

好天で御山のお姿も田の原から望める中に、10時半から登拝組は出発致しました

 

準備の方々の代わりに遥拝所でも祈願を捧げて、さあ出発という時に、お子さんが1名 行きたくない、帰ると言い出しました

先達はじめ親御さん、周りの信者さんの説得で泣きながらもまずは次の休憩まで歩こうと励ましながら出発

 

しかしながら子供の力はすごいもので、だんだんと泣いていたのが泣き止んで、自分の力で一歩一歩登ってくれました

 

王滝口は木々が低いので、あまり晴れると暑さでしんどくなります

御守護の中 ほどよい雲がかかり、風も吹いてちょうどよい気候で陀羅尼を唱えつつ登ることが出来ます

 

何名かの登山客とすれ違いました しかしその数は数えるほどです 新たな地蔵尊や火山灰を目にするにつけ、やはりまだ噴火からの復興は中途であると改めて思うと共に、去年の雨の中 慰霊登山の方々とすれ違った事を思えば、確実に前に進んでいることも実感致しました

 

金剛童子で昼食をとります 田の原斎場が見えてすでにテントが並んでいるのがわかりました

 

ここからは段差がきつい道です 子供さんは段差ひとつが大変ですが、遅れることなく元気に登ってくれます

大人も負けずに登りますが、噴火前とだいぶ道の様相も変わっていますので神経を使います

 

一口水あたりの急坂を登り終えて、一口水へ到着したのは13時半でした 今年の豪雨や猛暑のせいか、雪渓はなく水もありませんでした

 

そこから170mで中央不動下の石室です

空気も薄くなり急な坂道を皆で陀羅尼を唱えて登り、13時50分 九合石室に到着しました

 

去年は霧で不動様の社もかすかに見えるのみでしたが、今年は王滝頂上の建物も見えて、ありがたい事でした

 

有難い涙が溢れて、先達や信徒も涙ながらに祈祷を始めて、ここまでの登拝の徳 準備して頂いている奉仕の徳 三山禅定の徳 すべてをここにお届けに参りましたと祝詞を奏上致しました

 

泣いていたお子さんも元気に登拝してくれました

その子が下山前に「やっと帰れる」と呟いて、信徒の一人が「まるで噴火で亡くなった方が言われたように聞こえた」と言ってくれたのが印象的でした

 

石室に詰めていた人に聞くと、朝4時頃は土砂降りの雨であったそうで、好天をもってお引き寄せ頂いたことに感謝です

 

20分ほどで祈祷を終えて、下山開始

同じ道を下るのは去年に続き2回目ですが、雨の去年とは違い歩きやすく下山できました

 

ゆっくりの方々と少し離れましたが、先発が15時40分過ぎに、後発が16時半前に田の原に到着し、21名 元気にケガなく下山することが出来ました

その直後から雨が降り出し、霧も出てきましたが22時頃には雨もやみました

 

先達は夕食前に祭礼の練習をして、18時から夕食 その後に仮眠をとります

 

23時に起床し、いよいよ御神火祭に取り掛かります

外は満天の星空と三日月が出ていました

 

受付や撮影、しける椅子を何度も拭いて頂いたりと70名皆さんのお力を集めて午前1時から開祭

 

御神楽の子供二人の舞もばっちり決まっていよいよ点火

 

火の粉が舞い上がるさまは、その火の粉ひとつひとつが神様や御山を荘厳する飾りのように見えて、夢の中にいるような心地でした 皆さんはどのように感じられたでしょう?

 

そして、午前2時半 田の原御神火祭を執り納めることが出来ました

 

翌8日 朝の御山は朝日に輝いて、頂上まできれいに見通せ、田の原でその時刻に拝んだ御山は初めてでしたが一生忘れないでしょう

再びはるかに見える頂上へ引き上げて頂ける事が楽しみです

 

8日 神様より「御山を荘厳してくれた皆が、利益を受けて自らの人生を荘厳して再び御山へ来ることが今回の御神火の満願成就である」とお告げを頂き、先までの御守護を保証して頂いたことは先達冥利に尽きます

 

ご奉仕頂いた方、登拝、代参、護摩木申し込みの方に至るまで、徳を積んだ以上は返しの利益を受けることは必然・義務であります

徳の返しの利益を受けて、2020年 滋賀県教区で奉仕する御神火祭により多くの家族が礼参りしてくれることを楽しみにしております

 

田の原御神火祭成功 万歳!万歳!万歳!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE@和邇御嶽山

 

ラインアカウントを開設しました!友だち追加お待ちしております

2022年

9月

19日

石鎚山登拝

続きを読む

2022年

9月

11日

普寛霊神祭

続きを読む

2022年

9月

04日

御柱休め奉仕

続きを読む

2022年

8月

29日

大峰山登拝

続きを読む

2022年

8月

05日

立山白山登拝

続きを読む

2022年

7月

30日

富士山登拝

7月28日から30日まで、三山禅定の一座目である富士山登拝を仕えました

ひと夏に富士・立山・白山を巡拝する行を三山禅定といって古来よりの大行とされています

 

4名で御嶽山夏山登拝に続いて出発

 

富士宮市の富士山本宮浅間大社で東京の方4名と合流して8名で登拝を仕えます

 

白糸滝から山宮浅間神社とお参りして、山宮浅間では笛の音が聞こえるので、BGMでも流しているのかなと思ったら御神前で笛を奏でている女性がおられました

神様に出迎えてもらったようでありがたい事でした

 

人穴から富士吉田市の北口本宮へお参り

 

御師・筒屋さんへ宿泊 3年ぶりの講社の登拝を温かく出迎えて下さいました

 

28日夜は雷鳴も雨もありましたが、29日は快晴で御山を仰ぎ見る中を出発

 

シャトルバスで五合目へ行き、小御嶽神社をお参りして登拝を開始 平日ですので少し人出は少な目でした

 

朝は快晴すぎて、このまま登ると暑くて大変だなと思っていましたが、徐々に雲が出て日差しが苦にならずに順調に登拝をしていきます

 

29日は富士山登山競争が朝7時からあって、早い人は3時間弱で富士吉田市役所から頂上まで登ってしまうそうです

 

時間帯がずれていたのでかち合う事はなく、14時過ぎに元祖室へ 天拝宮でご祈祷を受け、烏帽子岩神社で祈祷を仕えて御山荘厳の徳をお捧げ申し上げました

 

コロナ対策で広々とした元祖室は快適に過ごせました

子供の団体などで満室でしたが日の出前にほとんどの方が出発したあとに6時に出発

 

2時間ほどで吉田口頂上の久須志神社へ到着

吉田拝所でご祈祷をして御礼申し上げました

 

富士山は下山も大行でしたが怪我無く無事に帰着して3年ぶりの富士山登拝が叶いました 下山の日は土曜日で団体の登山客もたくさんいてコロナ以前の賑わいを取り戻しつつありましたのは嬉しいことです

 

8月4日からは立山と白山の禅定です

続きを読む

2022年

7月

26日

御嶽山夏山百十周年記念登拝

続きを読む

2022年

7月

14日

前行登拝

続きを読む

2022年

7月

04日

大黒天恵美須天祭

続きを読む

2022年

6月

23日

諏訪大社参拝

続きを読む